私の家系は乳が広くありません。そんな中、わたしは平均的な乳のがたいをキープしています。一つは、予め太り過ぎ思考だからとういことがあります。それ以上に順当だったのがインナーのつけ方だ。インナーを身を買いに行く年齢になってから、お店でつけ方を教えてもらいました。最初はぎこちなかったかもしれませんが、慣れてくるとそのつけ方以外に出来なくなってしまっていました。中毒は恐ろしいもので、生徒の位、ジムの分野で皆はいたたまれないからかササッと着替えてしまうが、わたしは未だにの着替えをしていたのでいつも着替えが遅かったのです。でも一際そのつけ方を通じていたわたしは10年代上記たちこの方法が正しかったという確信します。それは、成婚エステの時でした。生き方の教育のときに、乳の特徴を褒められたのです。しかも、わたしが愛用しているインナーの品名まで覚えられてしまいました。「乳の綺麗な側は、その品名の下着の方が多いんです。つけ方も完璧ですし、インナークリエイターで勤務していた実績はありますか」と聞かれました。常識になっている中毒でこんなにも褒められたのははじめてでした。ジムの着替えが遅くても、まだまだ煩わしいつけ方も、続けてきてよかったと思いました。乳は脂肪なので、アッという間に構図がひずみます。逆に今からでも綺麗な特徴に取り付けることができます。大変であっても数年後の自分が笑顔でいられるような努力をしていきたいだ。