以前、店舗の部の親睦会がありました。同期も相当入り込み、見事だしにぎやか。自身一緒に時代を重ねて…それでも全然「ウェディング」に無縁ねえ、という話になり。お酒の現実もあって、同期4クライアント(一同上着30、単身・奥さん)チーフのところへ行きました。「酷い現実ですねー」ってたじろぐチーフに、「だれかいい人いませんかねー」といった問い詰める我々。「いい人?いないの?」「いないんですよー、出勤ひとすじになっちゃって」などと攻防があり、チーフがまだまだ沈黙した後述、「…これはあくまで隠密判別だけれど、ウェディングにつながる鉢合わせを見つけたいって思ったら、まるで「あなた」をよく知る事象じゃない?歴史行動と一緒だよね。『癒しってしばしば仰る』とか『一緒にいると気迫ある』とか『メニューがおはこ』とか、自分のアピールを客観的にとらえて、あとはその「アピール」を求めているクライアントはどこに数多くいそうかその「漁場に糸を垂らす事象」なんじゃないの?」って。たとえば、体を動かすことが好きで恋人ともそういうことがしたいのであれば動作のタイプや儀に参加して見る、恋人を支えたいというのであれば店舗に目を向けたり信頼できる誰かに知り合う肝心を作って味わう、など。確かに…!マグロを釣りたいのに池で釣り糸垂れても仕方ないもんね。さっすがチーフ!心に響くいい話でした。